ふれんどりぃの利用者の中村さんの息子さんが本を出しました。その本のタイトルが「妻たちの介護」なんですが、息子さんは介護している人たちを取材して本を書き上げてくれました。その中に私も入っていてふれんどりぃのことも書いてくれています。私も認知症の母を介護した経験がありますからね。母への想いからふれんどりぃが出来上がったといっても間違いではないです。私のほかにもふれんどりぃで看取りをした方やふれんどりぃで介護で救われたと言ってくれた人も取材に応じています。とても読みやすい本です。体験談なので参考になると思います。私は、介護する側ですか、自分も介護を経験しているので、家族の気持ちもよくわかります。私は優しい顔して利用者に接していますが、実の母にはあまり優しくできなかったのです。イライラしたりよくしていました。でもその後はすごく反省して優しくしたりするんですよね。スタッフに「仕事中は母はスタッフに任せて」と言われるくらい優しくしていなかったような気がします。他人には優しくできるというのはあるんですね。でも家族は本当は親のことは大事に思っているんですよね。その気持ちを大切にし家族が介護でつぶれないように、親のことを嫌にならないように、家族の大変なところに寄り添っていつまでもつながっている関係を作りたいです。小規模多機能は24時間・365日のサービスなのでどんなことにも寄り添っていこうと思います。ただ、家族と一緒にです。家族と一緒に利用者に寄り添うことに意味があるのです。家族が頑張るからふれんどりぃが応援するんです。ふれんどりぃだけでは利用者は幸せになりませんから。最期まで自分の親として、一人の人として生きてもらうためにふれんどりぃがあります。家族の皆さん大変なところはサポートしますから、最期まであきらめずかかわっていきましょう。母親に優しくできなかった分、みんなに優しくていきたいです。