8月4日座間キャンプ花火の日です。

ふれんどりぃの郷では毎年花火を見に座間キャンプに出掛けます。
目の前で広がる花火は迫力があり、利用者さんも毎年感動してくれます。
その笑顔がすごくいいんです。

私たちスタッフは花火にも感動しますが、花火を見て嬉しそうにしている利用者の『笑顔』にもっと感動します。
そんな笑顔が見たくて毎年企画をしています。

参加する利用者は夜にふれんどりぃを利用している人ですが、今年は12名が参加です。
でも、連れていくのは大変なんです。
まず駐車場がありませんから車をどこに置くかで悩みます。

昨年より座間キャンプのトンネルの近くのかおるちゃんのたまご屋さんに協力してもらいお茶をごちそうしてもらったり、車も置いてもらっています。ほんとに助かります。

車いす10台に利用者を乗せボランティアスタッフがゆるい坂道を押していきます。
狭い歩道を一列になって進む姿はなんかおもしろいです。
長い時間同じ場所に居れないので8時半から始まる花火の15分前に到着し並んでスタンバイ。『帰りましょうよ』の声にスタッフは車いすを押して一回り。毎年同じことしています。

それでも花火が始まると『わーすごい』とみんな嬉しそう。
この顔が見たくてスタッフは頑張ってるんだよね。
ほんとにボランティアスタッフには、頭が下がります。

利用者の笑顔を見るのも好きですが、その利用者の笑顔を見て嬉しそうにしているスタッフを見るのも好きです。

いろんな人に支えられながらふれんどりぃは動いています。
皆さんありがとう。
今年もいけてよかったね。