小学校の生徒さんからお手紙をいただきました。

『福祉のことが少しわかった』『ディサービスでどんなことをしているかわかった』『福祉が大事な仕事だとわかった。』 『お年寄りになるといろんなことができなくなってしまうことが分かった』 などのわかったという人 

『もっとふれんどりぃに来てる人を知りたい』『どうやってお年寄りを助けるか教えてほしい』『仕事をしたい』『お年寄りがいたら助けてあげます』など自分もかかわりたいと思った人

『身体に気をつけて頑張ってください』『おじいちゃんやおばあちゃんが笑顔になるように頑張ってください』など私たちふれんどりぃを応援してくれる人

いろいろの思いが書かれていました。たった40分の授業でしたが子供たちが高齢者に対して優しい気持ちになってくれればと思います。人が産まれて成長して歳を重ねてできることができなくなるのは自然なことなのです。できる人ができない人を助けることは当たり前のことです。でも、今は自分のことばかりでそれができない人が多いように思います。今回子供たちに話ができて、子供たちが少しでも感じてくれて、自然に人を助けるお手伝いができると嬉しいです。

話をする機会を作ってくれたスタッフと小学校の先生に深く感謝します。

ありがとうございます。