本日、ふれんどりぃで調理を担当しているスタッフが集まり調理会議をしました。

毎月第3水曜日の14:00~16:00に開催しています。
食を売りにしているふれんどりぃなので彼女たちの役割は大きいです。
年齢の差もあり(60代~30代)いろいろ情報交換するのもいい感じで行われています。

今日は、この間北海道であった白菜の漬物からO-157がでて施設の利用者が亡くなったことから、ふれんどりぃではどうするかという話で盛り上がりました。
生の野菜をなるべくなくし、温野菜で食べようとか、生産者を選んで仕入れをしようとか、調理の仕方を考えようとか、活発な意見の交換がありました。

テレビの報道だとO-157に感染した牛フンを使って栽培した白菜を塩素消毒がきちんとされなかったため、O-157の菌が残ってしまったということでした。
消費者は何を信じればいいのでしょう。
無農薬をうたっている商品は高いし、ふれんどりぃとしては、どのように対処していくか、考えさせられた会議でした。

安心して食べられる安全な食事を提供したいですね。
栄養士のあおいちゃんに献立を作ってもらい、調理のスタッフ12名が利用者のために食事を作っています。感謝ですね。

みなさん、ありがとうございます。ご苦労様です。